江東区・中央区・港区の中央プロパティー>ブログ記事一覧>江東区|ペット可とペット相談可の中古マンションの違いとは?

江東区|ペット可とペット相談可の中古マンションの違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
≪ 前へ|港区|最上階の中古マンションに住む嬉しいメリット3つとは   記事一覧   交通至便で通勤通学も楽々 中央区京橋の中古マンション探し|次へ ≫
テーマ:江東区エリア情報

江東区で中古マンションを購入される方の中には、既にペットを飼われていたり、購入後にペットを飼う予定の方がペットと暮らせる中古マンションを探されることも少なくありません。

ところで、ペットが飼えるマンションには『ペット可』と『ペット相談可』があることをご存知でしょうか。

ペットが飼えるという意味では共通していますが、そこに至るまでの経緯がペット可とペット相談可では少し異なるのです。


そこで今回は、ペット可とペット相談可の違いについてご紹介します。


ラブラドールの親子


ペット可とペット相談可の違いとは?


動物好きな方にとって、ペットのいる暮らしは憧れでしょう。

そんなペットと暮らすために欠かせない条件のペット可とペット相談可ですが、以下のような違いがあります。

 

ペット可

 

ペットの飼育を許可している物件。ただし、設備や内装がペット飼育に向いていない物件もあるため、その場合はペットが過ごしやすいようにする飼い主の方の工夫が必要。

 

ペット相談可

 

原則としてペット飼育をしていない方の入居が好まれるが、ペットの種類・大きさ・飼育数などによっては飼育を認める物件。

設備や内装もペット可物件同様、ペット飼育を想定した造りになっていない物件もある。

 

上記のように、ペット可とペット相談可の違いは『どちらがよりペット飼育に対して許容度合いが高いのか』ということです。

江東区の中古マンションを購入予定で、ペット飼育を検討中の方は、この違いに注意して中古マンションを選ぶことをおすすめします。


マンションでペットを飼う時の注意点


アレルギー検査表


ペット可・ペット相談可の中古マンション選びの際に共通して言えることは、他のお部屋に暮らす住民の方々が必ずしも全員動物好きとは限らないことです。

住民の方の中には単純に動物が苦手な方や、動物は好きだけどアレルギーを持っていて気軽に近づくことができない方もいます。


また、犬を飼う場合は大型・中型・小型のどれが許可されているのか、犬猫共通の注意点としては、頭数制限や共用設備を利用する場合のルール(例:共用廊下やエントランスを通る際は、ペットを抱くかキャリーケースに入れる等)をしっかりと確認しなくてはいけません。


ペット可やペット相談可の中古マンションを選ぶ場合は、そうした点も理解した上で選択しましょう。


まとめ


マンションなどの集合住宅でもペットと暮らせる時代となりましたが、ペット可とペット相談可の違いや各マンションのルールなど、必要事項をしっかりと確認することがペットと共に快適に暮らすための一番の近道です。

江東区でペット可やペット相談可の中古マンションをお探しの方は、ぜひ中央プロパティーまでご相談下さい。

 

【江東区メモ】

東京湾に面する街で、河川敷公園や水陸両用バスの運行など、川や海など水辺の自然を楽しめるスポットが多数あります。

また江東区は、神社やお寺などの歴史ある名所から大型商業施設など最新の名所まで揃っているため、色々な場所へのお出かけも楽しめます。

江東区のペット可中古マンション情報はこちら
≪ 前へ|港区|最上階の中古マンションに住む嬉しいメリット3つとは   記事一覧   交通至便で通勤通学も楽々 中央区京橋の中古マンション探し|次へ ≫

トップへ戻る